某有名私立大学ヤリサーの実態はグラップラー刃牙

グラップラー刃牙、話は簡単で、格闘ものです。
主人公である高校生、範馬刃牙が格闘していく話です。
なぜか父親の範馬勇次郎を倒すのが目標として、日々鍛えています。
その理由は話の展開が進むにつれ、あきらかとなっていきます。
色々な敵と戦い、格闘者として成長をしていくわけですが、日本国内が舞台のときはグラップラー刃牙、世界が舞台だとバキ、恐竜と戦っていたとされる類人猿が現代によみがえり、それと戦いさらに成長し、範馬勇次郎と決着をつけるのが範馬刃牙となるわけです。
現在連載中の作品は宮本武蔵が現在によみがえり、現在の格闘者と戦ったらどうなるか?
という話でこれまた面白いです。
マンガの話もそうですが、登場キャラクターの個性が豊かなのがいいです。
マス大山をモデルにした空手家や、最強のケンカヤクザ、アントニオ猪木やジャイアント馬場など、実際にいた人をモデルとした個性のあるキャラクターが、所狭しと暴れるのがとても痛快で面白いです。
格闘マンガといえば、現在は色々ありますが、もしまだこれを読んだことがない人がいるなら、是非読んで欲しいと思い、お勧めとしてあげさせてもらいました。
そしてもう一つが、某有名私立大学ヤリサーの実態という電子コミックです。
主人公の新入生の女子大生高峰美春が、友達に誘われて入ったテニスサークルは、実は悪名高きヤリサーだったのでした。
何も知らずに新歓コンパに参加した美春でしたが、鬼畜な先輩にお酒に薬を仕込まれて罠にはめられて・・・
世間でも丁度新歓コンパなどが盛んな時期ですが、実際に有りそうなストーリーに惹かれてしまいました。