今日から俺は家出JK開発日記

週間少年サンデーに連載していた「今日から俺は」(作者:西森博之)が、私にとっての思い出のマンガです。
巻数が全38巻と結構でてる割りには、アニメ化になるのも遅く、アニメといってもOVAでテレビアニメ化はされず、それほど知名度が高いわけではないと思います。
話としては、中学生までマジメだった少年が、高校入学を機に、高校デビューをし、まさに今日から俺は!というタイトルどおりのマンガです。
主人キャラは2名で、高校入学を機に髪の毛を金髪にした三橋貴志と、髪の毛を立てまくった、黒髪の伊藤真司です。
性格はまったくの正反対で、卑怯だろうが不意打ちだろうが勝つのを信条とする三橋と、曲がったことは嫌いで、筋が通っていないならダメだと考えるまじめな伊藤ですが、二人とも高校デビューをし、クラスも一緒だったこともあり、デコボコながらコンビを組んで、ハチャメチャな高校生活をエンジョイするというあらすじです。
家出した可愛いJKを家に泊めることにした結果、そのままイチャラブな展開になる家出JK開発日記などもしっかり付けていてかなりエンジョイしていたりもします。
その流れの中で、同じ高校のツッパリと争ったり、他校とケンカしたりします。
その中には、同じようなマジメな高校もあれば、ヤッチャン予備軍と称される偏差値超低い高校とのイザコザがあり、その中でライバルが出現したり、交友関係もじょじょに広くなっていき、その展開をギャグを交えてしていくわけです。
こう書いてしまうと、よくあるマンガじゃない?と思われるし、自分でも思いますが、このギャグが大変面白く、主人公2名の卑怯さとマジメさのつりあいが良く取れていてすごく楽しいマンガだったと感じたものです。
あまり有名ではないですが、まだ読んだことない人には是非知ってもらいたいと思い、思い出のマンガとしておすすめさせてもらいました。